とことん白藍塾

受験生の声の最近のブログ記事
  アンケートに寄せられた声 白藍塾小学生作文教室では、1ターム(全5回の受講)が終わる度に、受講したお子さんとその保護者にアンケートの回答をお願いしています。アンケートには必ず「担任講師の添削指導についてどう思いましたか」という質問を入れることにしています。受講した本人と保護者の両者に、講師の添削指導を率直に評価してもらうためです。講師はその評価に一喜一憂しますが、もちろんそれだけに留めず、回答結果をしっかり分析し、次の指導に活かすようにしています。 今回は最初に、保護者アンケートに寄せられた「高評価」をずらりと紹介します。続けてそれをもとに、保護者の方が白藍塾にどんな期待を寄せて・・・
  保護者の声  小学生講座では、受講の中間点で、保護者の方々から家庭学習の様子を報告してもらいます。報告書を読むと、楽しんでいるお子さん、いやいややっているお子さん、たっぷり時間をかけているお子さん、あっさり仕上げてしまうお子さんなど、様々な家庭学習の様子が伝わってきます。提出は任意ですが、多くの方が熱心に報告してくれます。  この報告書の内容は、講師が受講前半の指導の手ごたえを推し量るとともに、受講後半の指導展開を考える貴重な資料になります。  報告書には、お子さんの学習状況のお知らせとともに、ご相談が寄せられることがあります。今回は、会員保護者から多く寄せられる質問に答えながら・・・
  入会の動機 白藍塾では、全ての会員に申込書のアンケート欄を通じて入会の動機を尋ねています。 「プロが添削をしてくれるから」「添削指導がよさそうだから」 これらの回答が最も多いでしょうか。本連載でも紹介している通り、「添削者の腕」が白藍塾の最大の売りですので、案内書でもこの点を強くアピールしています。訴えどころをしっかりつかんでくれた反応ですので、素直にうれしいですね。 「樋口先生の塾だから」「樋口先生の本を読んで感銘を受けたから」 当塾は塾長の著書を通じて資料請求をする方が多いので、こういった声も多いですね。塾長の考えすなわち白藍塾の教育理念を気に入って入会してくださるのですから・・・
  "桜便り"が届いています! 大学入試講座「小論文指導ゼミナール白藍塾」では、年に2回、受講生にアンケートを送る機会があります。一年間の受講の感想とともに、志望大学の合否結果を尋ねるのが目的です。最初は12月。推薦入試、AO入試、社会人入試などの秋入試を受験した受講生に送ります。2回目は3月で、こちらは一般入試を受験した受講生に送ります。うれしいことに、この春も続々と吉報が届きました。今回は、この春に届いた喜びの声をいくつか紹介しましょう。 ここでは5名から寄せられたアンケートの一部を紹介しますが、もちろん、この方々の他にもたくさんの受講生からアンケートが届いています。白藍塾では、・・・
↑ページの先頭へ