高校生・受験生

TOP > 高校生・受験生 > Q&A・合格者の声

Q&A

文章を書くのが苦手です。それでも白藍塾の指導についていけるでしょうか。
白藍塾のカリキュラムは全く初めて学習する人が基礎から始め、入試日までに志望校に対応しうる力を築けるように組んでいます。最初は一本の小論文を書くのに相当な時間が掛かるかもしれませんが、そういう過程を経ることで、力は確実に身につくのです。
受講回数が少ないように思います。これだけの学習で本当に合格の実力はつくのですか
受講回数は安易に決めているわけではなく、これまでの指導の歴史的経緯の中で定めたものです。やみくもに数をこなすだけでは、効果は期待できません。せっかく取り組んだ一つ一つの課題はしっかり自分の肥やしにしていかなくてはなりません。白藍塾の講座は、きめ細かい添削指導とそれを下支えする解説、模範解答、紙上講義により、1回の課題から多くの知識とテクニックがつむぎ出せるように構成されています。
小論文対策を予備校でしようか白藍塾でしようか迷っています
科目の特性を考えると、小論文は通信教育という学習手段が非常に向いています。小論文指導に添削は不可欠です。受験生一人一人の解答に対して、個別の指導内容が必要だからです。多くの予備校や塾では学生などのアルバイト講師が赤入れをしていると聞きます。最も神経を注がなくてはならない添削指導を"補助員"に任せるのは、科目の特性を理解していないか、あるいはその体制づくりができていない教育機関と言えるでしょう。
慶応の文学部と法学部を受験します。慶応・国立コースでは、1つの志望学部の対策しかとれないのでしょうか。
いいえ、両学部の対策をとることができます。確かに小論文の場合、同じ大学でも個々の学部に応じた対策が必要です。白藍塾では、受講後半の課題を選択式にすることで、様々な大学・学部の志望校対策課題に取り組めるシステムになっています。そうすることで、複数の志望大学・学部を併願する場合にも対応でき、また、受講途中で第一志望を変更した場合にも問題なく受講を継続できるカリキュラムになっています。
看護医療系コースでは、看護専門学校の社会人入試対策も行ってくれるのでしょうか。
看護大学同様に、看護専門学校の小論文対策も行います。大学も専門学校も、公立、私立、大学の附属などその学校の成り立ちに応じて、個々の対策が必要です。また高校生と社会人では対策が異なります。看護系の社会人入試では適性をいかにアピールするかが最大のポイントです。従って、講座でもその点に力点を置いて指導しています。
医学部を受験します。第一志望と第二志望で出題パターンが異なります。医学部コース一講座の受講だけで両大学の対策はとれるのでしょうか。
はい、大丈夫です。医学部コースでは、複数の大学医学部を受験する受講生のことも想定して、課題のラインナップを考えています。また、一般入試だけでなく、推薦・AO・社会人入試などの特別入試で医学部を目指す人のニーズにこたえられるように、受講後半はフリースケジュール制で対応しています。あらゆる大学の、あらゆる入試方式の対策をとれるように、カリキュラムを作成しています。

合格者の声

■慶応・国立コース
私の第一志望校(一橋大学社会学部前期・合格)は小論文がありませんでしたが、第二志望の慶応大学合格に向けての小論文対策として白藍塾を受講しました。慶応大学の入試本番では、課題が専門的で何を書けばよいのか最初は戸惑ってしまいましたが、テキストや課題を通して体得した「型」に従って書き進めた結果、満足いく答案を作成することができました。「型」がなければ入試本番で筋の通った論理的な小論文を書くことは不可能だったと思います。白藍塾で培った力は小論文以外にも役立ちました。私の第一志望校は記述量がとても多く、論述問題が中心であったため、確信をつきながらも、簡潔な答案を作成することが課題でした。白藍塾で培った表現力により、この課題もクリアすることができました。さらに、小論文を書くという立場を経験することにより、国語の評論文の筆者がどのように書いているのか、またどのような構造で書いているのかを考えるようになり、国語の点数を上げることができました。白藍塾でつけた力は一生ものと思います。的確な指導をして下さった大原先生、ありがとうございました。
慶應義塾大学法学部 H・T
■慶応・国立コース
自分では気付かない所を指摘してもらえ、コメントも充実していたので、自分の改善点を発見しやすかった。模範解答も、他の問題集と異なり比較的平易に書かれていたので理解しやすく、これなら自分も書けそうだと自信になった。担任講師の大場先生の添削指導はとても丁寧で、説明不足のところを指摘してくださっただけでなく、具体的にどういった言葉や文章が必要かを示してくれたので、自分の文章の改善に大いに役立ちました。 小論文という科目は一見、自由になんでも書けるものだと思っていましたが、与えられた課題文、問題設定、自分の持っている知識によって随分と合格に達するレベルで書くことのできる内容の方向性は限られてくるのだと感じました。この限られた方向性の中で自分の論理をどう築きあげていくかが重要で、同じ結論にいたれば同じというわけではなく、それに至ったまでの過程を評価するのが小論文なのだと思いました。今までありがとうございました。
首都大学東京人文社会学部 U・Y
■医学部コース
締め切りギリギリに提出したのに、すぐ返却されてありがたかった。全ての医大(医学部)にあてはまるわけではないが、知識を整理することができるので、面接の練習は小論文対策になるように思う。読むのと口に出すのでは頭への定着の度合いが違うと思うからだ。現役で決まったのは白藍塾のおかげであると思う。ありがとうございました。
千葉大学医学部 I・S
■看護・医療系コース
とても分かりやすく親切で、また、厳しく指導してくださって、私にとって良い勉強になりました。年を取っているので大変でしたが、本当に分かりやすく親切に指導してくださり、ただ、ただ、感謝の一言です。私の場合、短い期間のため、自分自身が焦り、ついつい例文から少し言葉を借りてしまい、服部先生に、自分の考え、言葉で言い直すようにと指摘されました。それがかえって私を変えて、もう一度全部自分の考えで書き直し、合格したと思います。あの一言の指導を今も感謝しています。ありがとうございました。
聖母看護学校 S・M
■推薦・AOコース
白藍塾の講義では、本当に基本的なところから始め、型をしっかり身につけて、自分のレベルに合わせて、指導をしていただいたので、文章をしっかりと書けるようになりました。また、合格フレーズや豆知識を自分なりにまとめる事で、受験にも役立つと共に、一人の人間として、知識が増え、今後の人生においてプラスになり、とても嬉しく思っています。
一回目から最後まで、答案用紙いっぱいにコメントや添削指導をしていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。また添削指導の内容も"ズバリそのとおり"と読めば納得できるもので、素直に反省し、次に活かすことのできるものでした。担任の先生には本当に感謝しています。ありがとうございました。
半年近くにわたってご指導していただき本当にありがとうございました。私は第一志望の大学には合格することができませんでしたが、第二志望の大学には無事合格することができました。第二志望の大学の入試は小論文だけだったので不安も多かったのですが、白藍塾で身につけた力があったので合格することができました。入試前に一回から最後までの自分が書いた論文を見たとき、しっかりと成長している自分の論文を見たとき、とても自信が付いたことを今でも覚えています。論文や文章は書けば書くだけ上達する事が自分自身本当によくわかりました。また私は、合格フレーズや知識を増やそうなどを自分なりにまとめる事で、論文に役に立った事はもちろんですが、面接や、人としての基礎である一般常識や自分の知識となり、少し大人になれたと感じています。継続は本当に力になります。受験生のみなさん、白藍塾を信じて自分を信じて第一志望に合格してください。
日本福祉大学子ども発達学部初等教育学科 T・R
■社会人・編入・大学院コース
「型」についてマスターした上で、実際に論文を書いていくという手法に大変感銘を受けました。もっと早く白藍塾の通信講座を始めておけばよかったです。
私の提出した論文をどのように変えれば更によくなるかについて、細かい点に到るまで指導していただいたと思います。なるほどと思わせる記述が多く、大変参考になりました。小論文を熟知された方に指導してもらえたことが大変心強く、また励みにもなりました。
最初、小論文の対策を進めている時は、何をどのように準備すればいいのかさっぱり分かりませんでした。対策本も何冊か買ってみて練習もしてみたのですが、なかなかしっくりこず、不安な状態が続いていました。そんな時に出会ったのが白藍塾でした。型を理解し、しっかりと身に付ける手法は、私にとってぴったりの勉強方法だったと思います。この型そのものに、賛否両論があるといった内容がテキストにも書かれていましたが、私はこの手法に大賛成です。全く小論文を経験したことのない人たちに、一つの筋道を示すことの意義は決して小さくありません。これからも、小論文で悩む人たちを救うべく「型」の伝授を続けていって下さい。
佐野先生、ご指導ありがとうございました。赤ペンでのたくさんの指導で非常に勇気付けられました。お陰様で無事、目標を達成することができました。心から感謝してます。他の人にもぜひ、白藍塾を薦めたいと思います。
早稲田大学大学院商学研究科ビジネススクール M・T
白藍塾の資料をお送り致します。資料請求はこちら
↑ページの先頭へ