塾長のあいさつ

TOP > 塾長のあいさつ

文章を書くことで人は自分の未来を切り開く

樋口 裕一
塾長:樋口 裕一(ひぐち ゆういち)
大分に生まれる。数々のベストセラー参考書で全国受験生から「小論文の神様」と呼ばれる。近年は小学生から高齢者までの幅広い年令層に向けた文章法、思考法、話し方、教育・音楽などの知的教養書の著者としても知られている。代表作『頭がいい人、悪い人の話し方』(PHP新書)は250万部を超える大ベストセラーとなり、マスコミで大きな話題となる。その他にも『読むだけ小論文』『作文力をつける』(以上、学研)『ホンモノの文章力』『ホンモノの思考力』(以上、集英社)『まるまる使える入試小論文』(ピアソン桐原)『受かる小論文の絶対ルール』(青春出版)『小論文これだけ!』(東洋経済新報社)『親が教える!小学生作文教育法』(角川書店)『ヴァーグナー』(春秋社)など著書多数。全著書の総発行部数は700万部を超える。

多摩大学教授。京都産業大学客員教授。東進ハイスクール客員講師。作家。『12歳の文学賞』審査員、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日音楽祭」のアンバサダー。株式会社はくらん取締役会長。

文章というのは不思議なもので、なかなか自分の書いた文章の出来ぐあいがわかりません。自分で傑作と思っても、他人が読めばひどいものだということもよくあります。だからこそ、文章に関しては添削を受ける必要があるのです。見識のある人に添削してもらって、欠点を指摘してもらい、アドバイスを受けてこそ、ぐんぐんと力をつけます。それをしないと、いつまでも足踏みしてしまいます。
ところが、なかなか的確な添削をしてくれる人がいません。表現や誤字脱字だけしか指摘せず、内容に踏み込んでどうすればもっと良くなるか、どこに根本的な欠点があるのかを指摘しない添削が横行しています。あるいは、特定の政治的意見を押しつける添削だったり、ひとりよがりで受講者には理解できない指摘だったり。
そこでお勧めするのが、わが白藍塾の添削です。一人一人の欠点を見破り、その個性に合わせて、どうすれば良くなるかをできるだけ具体的に指導します。そして、ひとりよがりのわかりにくい解説ではなく、おもしろくてわかりやすい解説、学ぶことが楽しくなるような題材を心がけています。

すべての受講生が「目からウロコ」体験をして、文章を書くこと、本を読むこと、人間について、社会について考えることが楽しくなる、そして知性と感性を養っていく、それこそが、私たち白藍塾スタッフの願いです。

一人でも多くの方が、白藍塾と出会うことによって、このような体験を自分のものにしていただきたいと思っております。

樋口 裕一

資料請求
学校サポート
企業サポート
書籍紹介・販売
コラム とことん白藍塾
↑ページの先頭へ