白藍塾樋口裕一の小論文・作文通信指導

学校との取り組み

大学との取り組み

<大学>学校文章教育サポート

特別プログラム例

概要

写真

大学は初年次教育等の位置づけで、学生に論理的文章の基礎を学ぶ機会を用意する。大学のこの取り組みに対し、白藍塾は次の教育サポートを行う。

  • シラバス作成
  • テキスト『大学生のための論理的文章力入門』の提供
  • 小論文添削指導
  • 授業講師派遣
写真
※1 セメスター(全15回)の授業概要例

日常生活から社会問題まで、学生が考えておくべきテーマを出題する。学生は課題の文章を書く。
講義では、論理的な文章を書くためのテクニックと、それぞれの課題を書くときに必要な基礎知識を解説する。学生は、講義、添削指導を参考にしながら、各回の課題の書き直しをする。また、数回の授業では、ディスカッション、プレゼンテーションの時間を設けて、学生に発信の機会も与える。

導入の成果

  • 1. 論文基礎力が身に付く。身に付いた基礎力には、大学レポート、卒業論文、就職活動エントリーシートなどを執筆する際の基礎力となる。
  • 2. 文章を書くことに苦手意識を持つ学生が減少する。

特別プログラム実績校

  • 神奈川大学法学部
  • 昭和女子大学国際学部国際学科

その他

オープンキャンパスでのAO・推薦入試対策講座、入学前学習講座(通信講座も可)、就職活動エントリーシート対策講座(通信講座も可)など、各大学のご要望に合わせたかたちでサポートします。また、『大学生のための論理的文章力入門』のご採用も受け付けております。お気軽にお問合せください。

白藍塾の学校文章教育サポートに関心のある学校関係者の方は、以下にメールまたはお電話にてご連絡ください。樋口裕一講演依頼、通信教育団体受付も以下にご相談ください。

お問い合わせフォーム